そういちコラム

数百文字~3000文字で森羅万象を語る。挿絵も描いてます。世界史ブログ「そういち総研」もお願いします。

チャップリン・独創ではないからこそ長く残った

山高帽、ダブダブのズボン、大きなドタ靴、ちょびヒゲ。「喜劇王」といわれた俳優・映画監督チャーリー・チャップリン(1899~1977、イギリス出身、おもにアメリカで活躍)のおなじみの扮装です。

でも、この扮装は彼の独創ではありません。その各パーツは、当事人気のあったコメディアンの影響を受けたものだといいます。

研究家によれば、ズボンと帽子は誰から、靴は誰から、ヒゲは誰から、というふうに特定できるのだそうです。

「独創ではないからダメだ」というのではありません。ただ彼は、いきなり生まれた天才などではなく、先輩たちの遺産を集大成した存在だった、ということです。

独創ではなく、多くの先人の肩に乗っていたからこそ、高いレベルのものを生み出し、長く残った、ともいえるのです。

どんな分野でもとくに大きな仕事をした巨匠の多くは、一点突破的に鋭い独創性を発揮した人ではなく、その分野の「集大成」をした人ではないかと思います。チャップリンにもそれがあてはまります。

***

今日4月16日はチャップリンの誕生日。そこでこのような短いチャップリンの「偉人伝」をアップしました。

このブログでは、たまにその誕生日などに、偉人を紹介する記事をのせています(この記事のような短いものも、数千文字のかなり長文のものもあります)。

チャップリンの『自伝』や評伝は、おすすめです。心に響くエピソードや名言がいろいろとみつかることでしょう。

この記事で書いたことは、まあ「比較的述べられていないこと」を書いた次第で、チャップリンのすばらしさのなかでは「傍流」といえるかもしれません。「本流」のところは、ぜひご自分の読書で。

 

参考文献

最近の記事における偉人・歴史的著名人の紹介

私の著書 400文字程度の短い「偉人伝」が100余り載っています

四百文字の偉人伝

四百文字の偉人伝

Amazon